« アジアの鉄道を訪ねてみたい | トップページ | ボレロのような背中の毛をもつおじさん »

2014年5月11日 (日)

トイストーリー3が笑えて好き

 個性あふれるキャラクターであるおもちゃたちと、その主人であるアンディが別れの時を迎える話です。アンディはもう大学生、おもちゃなどでは遊びません。  ウッディは頑に屋根裏に残ることを主張しますが、他のおもちゃは幼稚園で子供たちに遊んでもらう道を選びます。  どんなことがあっても仲間を忘れないウッディが奮闘する場面では思わず手を握りしめてしまうはずです。またバービー人形の極端な台詞は作中に笑いをもたらしてくれます。  一番のお気に入りのシーンは、ラストのお別れの時です。とある理由があって、アンディはもう一度おもちゃたちを遊ぶのです。  トイストーリーファンも、そしてアニメファンも納得の作品です。まだ見てないという方は幸せです。1、2、3と連続で観ると感動も大でしょう。

« アジアの鉄道を訪ねてみたい | トップページ | ボレロのような背中の毛をもつおじさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1640505/56152906

この記事へのトラックバック一覧です: トイストーリー3が笑えて好き:

« アジアの鉄道を訪ねてみたい | トップページ | ボレロのような背中の毛をもつおじさん »